エールホームクリニック

運営ブログ

少年少女よ、大志を抱け

2022年12月28日

第1話「少年少女よ、大志を抱け」 - 運営部 有本ひとみ –

こんにちは。運営部の有本と申します。
この度、新たにスタートした運営部ブログのトップバッターを任せていただくことになりました。

第1回目の今回は、江陽中学校での出張授業を振り返りたいと思います。

去る11月18日、医師、看護師、運営部のスタッフ5名が中学校に伺い、2年生約50人を前に授業を行いました。クリニックの部署紹介にはじまり、皮膚科医・梅森先生の職業講話や実技体験を交えたクイズなどを行い、非常に内容の濃い2時間となりました。

中でもとりわけ印象深かったのは梅森先生の講話です。
先生は小さい頃から医師になりたかったわけではなく、「目の前にあることをひたすらこなすうちになりたいものが見えてきた」と仰っていました。
医師を志す人は早くからその道に進むと決めているようなイメージが強かったため、とても意外でした。

先生のお話に耳を傾けながら、自分は子どもの頃、何になりたかったか考えました。

小学生の頃は絵を描くことが好きで、わけも分からず漫画家になりたいと言っていた記憶があります。中学生の自分は響きのかっこよさから、なんとなく薬剤師に憧れていました(数学が苦手で、すぐに諦めました)。
高校時代は好きなドラマの影響で弁護士に興味を持ちました。資格取得のルートを調べたり、大学のオープンキャンパスで法学部の講義を受けたりしましたが、本気で弁護士を目指したわけでもなく、その後は漫然と学生時代を過ごし、全く異なる業種に就職をしました。

今回、授業の最後に代表生徒さんが「医療の道に進みたいと考えており、方向性が明確になった」と感想を話してくれました。

早くから自分が将来進みたい道が決まっていてすごいなあと感心すると同時に、プロジェクトメンバーとともにどんな授業にしようか一から企画し、楽しんでもらえるように知恵を絞った甲斐があったなあとうれしく思いました。

―――――

9月末には、長岡西中学校の生徒さん3名が当クリニックを訪れました。

3日間を通して、クリニックでは内科、小児科、皮膚科の各診療科の見学や検査の体験、エールワクチンセンターでは見学、エール長岡クリニック建設予定地の見学など、おそらく他ではなかなかできない体験ができたのではないでしょうか。

当クリニックとしても、中学校からのこのような依頼は初めてだったため、プロジェクトメンバーの選抜から始まり、打ち合わせを重ねて3日間のタイムスケジュールを練り、当日は運営部スタッフが付き添いながら各部署の案内をしました。

手前味噌ながら、職場体験で生徒さんを受け入れるに当たり、ここまで手厚く生徒さんを迎え入れる準備をする企業は多くはないのでは、とは思います。
自分がもし生徒の立場なら、相当うれしいし、友達や親に喜んで話しただろうなあと思います。

プロジェクトの中心となった運営部の先輩からは学ぶべきことが大変多く、江陽中の出張授業の際も的確なアドバイスをいただきながら企画を進めることができました。

この度の出張授業や、9月に行われた長岡西中の職業体験を通して、医療分野に興味がある方にはより具体的に現場の様子を知ってもらえたかと思いますし、あまり関心がない方にも、これを機に何か少しでも興味を持ってもらうきっかけになれば幸いです。

こちらからコロナウイルスワクチンの予約はできません
電話予約
050-5490-7850
自動音声電話:24時間受付中
Web予約はこちら
Web受付:24時間受付中
お問い合わせ
0258-86-8722
平日:8:15~18:30
土曜:8:15~16:30