エールホームクリニック

呼吸器内科

早めの受診を

空気の通り道である呼吸器(口・喉・気管・気管支・肺)は、様々なウイルス・アレルゲンを吸い込むことで多彩な症状・疾患が起こります。
軽い症状でも咳が続くと気になるもので、不安やストレスになります。
特にCOVID-19が流行ってから、(COVID-19とは関係ないのに)頑固な咳で人目を気にされることも多いかと思います。
また、そういった症状を初期症状として、肺がんなどの重篤な疾患が隠れていることもあります。
検査や相談だけでも結構ですので、お気軽に相談ください。

主な症状・疾患
咳・痰・発熱・呼吸音の異常・いびき・睡眠時無呼吸(日中の眠気)・胸や喉の痛み・動いた時の息苦しさ・動悸 など

検査(診断される疾患)

胸部X線画像(肺癌・肺炎など)
呼吸機能検査(喘息・慢性閉塞性肺疾患など)
呼気中一酸化窒素濃度(FeNO)測定検査(喘息・慢性閉塞性肺疾患など)
簡易PSG検査(睡眠時無呼吸症候群)

予防

肺炎球菌ワクチン・禁煙外来(予定)

当院、他科との連携について

小児科・皮膚科・アレルギー疾患:
すでにアトピーなどで小児科・皮膚科で連携いただいているように、当科でのアレルギー疾患である喘息といった領域で、当科も、連携していきます。
小児から大人になってどこにかかっていいか分からない方や、小児期からそのまま当院に通院いただくケースなど、幅広い年齢の呼吸器疾患に当院として対応させていただきます。
また、アトピー素因などのある方は、相対的に他のアレルギー疾患のなどの罹患率も高くなります。「そういえば、風邪をひいた時に咳が長引く」、といった場合など、お気軽にご相談ください。

膠原病科:
膠原病(自分の免疫が何かをきっかけに自分の体を攻撃してしまう病気)の症状が肺に出ることがあります。
通常の肺炎と異なり、様々な原因をもとに肺の繊維化(肺が硬くなっていく)をきたす病気です。ゆっくり進む場合や急速に進む場合、症状の出方など、多岐に渡ります。
そのため、通常の肺炎と区別が難しい場合や、病院への早期の入院治療を必要とする場合もあります。
当院、膠原病で来院される方も多くいらっしゃりますので、そういった際、早期に治療の是非の判断をさせていただきます。

予防医学
呼吸器疾患の大きな領域の一つとして、たばこをきっかけとした、慢性閉塞性肺疾患や肺癌といった病気もあります。
検診や呼吸苦を和らげる薬物治療はもちろんのこと、禁煙を希望される方もサポートできるように禁煙外来も適宜開始しようと思います。(現在、禁煙支援のための薬物の物流が滞っていますので、開始にはお時間をいただきます。)
喫煙はニコチンによる依存が生じている場合もあり、なかなか個人の努力だけでは上手くいかない場合も多いです。
禁煙したいけど、上手くいかない、本数は減らせているけど、もう一歩。といった、禁煙意欲はあるけれども、上手くいかない方、ご相談ください。

こちらからコロナウイルスワクチンの予約はできません
電話予約
050-5490-7850
自動音声電話:24時間受付中
Web予約はこちら
Web受付:24時間受付中
お問い合わせ
0258-86-8722
平日:8:15~18:30