エールホームクリニック

チームリウマチ

リウマチ専門医を中心に、診療経験豊富な医師、スタッフが
患者さまをサポート

リウマチ専門医と中心とした、診療経験豊富な医師と看護師、臨床検査技師によるチームです。
膠原病の多くは、皮疹など皮膚症状を伴います。春になってもよくならない手指の凍瘡(しもやけ)や、寒冷刺激などによる手指・足趾の色調変化(レイノー現象)、顔や手部の赤い発疹など、皮膚の症状が他の色々な症状が出るより前に出始め、まず皮膚科を受診される(?)ことも多いです。当クリニックでは皮膚科とリウマチ科が連携し、膠原病の早期診断や、膠原病患者様の皮膚症状の治療を一緒になって行っていきます。
また、皮膚疾患の一つである尋常性乾癬の患者様の約10-30%に関節炎を合併(乾癬性関節炎、関節症性乾癬)すると言われており、関節炎のある患者さまでは皮膚科とリウマチ科で共同して治療内容を考えていきます。

リウマチ膠原病患者さまの診療は、定期的な血液尿検査・エコーをはじめとする画像検査が必要であり、臨床検査技師が重要な役割を果たします。
また、治療薬はステロイド薬、免疫抑制剤、生物学的製剤(クリニックでの点滴、自己注射)など、専門的です。病気・治療薬について十分な知識を持った看護師が、自己注射導入の指導やその後のフォローアップ、病気・生活面での相談・指導などを請け負い、医師の診療をサポートします。

チームメンバー
医師
田村、伊藤、藤本、鈴木
看護師
五十嵐、小川、星
臨床検査技師
金子、倉澤、平澤
こちらからコロナウイルスワクチンの予約はできません
電話予約
050-5490-7850
自動音声電話:24時間受付中
Web予約はこちら
Web受付:24時間受付中
お問い合わせ
0258-86-8722
平日:8:15~18:30