エールホームクリニック

HPV(子宮頸がん)ワクチン

当クリニックではHPV(子宮頸がん)ワクチンの接種を行っています。
HPVワクチンは、小学校6年生から高校1年生の女性が公費での接種対象となります。
子宮頸がんの原因は95%以上がHPV感染によるものとされています。HPV感染を予防することで子宮頸がんは減らすことができます。ワクチン接種後の痛みといった副反応が報告されましたが、その後の調査でワクチン固有の副反応ではないと考えられています。
こども達を守るために、少しでも多くの接種機会を提供していきます。

ヒトパピローマウイルス(HPV)について

ヒトパピローマウイルス(以下HPV)は性交渉により子宮に感染し、子宮頸がんや尖圭コンジローマ(性器まわりの尖ったイボ)の原因となるウイルスです。
HPVには様々な型が存在します。HPVの中でも、特に重要なのが16型と18型です。この2つの型が子宮頸がんの原因となるHPV型の65.4%を占めており、HPV16型と18型を予防するだけで多くの子宮頸がんを予防することができます。
当クリニックでは、この6型、11型、16型、18型を予防でき、公費で接種可能なガーダシルと自費で接種可能なシルガード9を取り扱っています。

◆ガーダシル(4価) ※公費(無料)での接種が可能です。
HPVには多くの型がありますが、4価ワクチン(ガーダシル)は子宮頸がんの発症につながる16型、18型に加えて尖圭コンジローマ発症につながる6型、11型の予防効果があります。すでに感染しているHPVを排除することはできませんが、感染前にワクチンを接種すれば、子宮頸がんを予防する効果があると言われています。

◆シルガード9(9価) ※公費(無料)の対象にはなりません。自費での接種となります。
シルガード9は6, 11, 16, 18型に加えて、高リスク型HPVの31, 33, 45, 52, 58型を予防することができます。これにより子宮頸がん原因となるHPV型の88.2%をカバーすることが可能です。
シルガード9の接種希望者はメーカーが実施する調査にご協力いただくことが条件となっており、調査システムへの登録が必要です。
<シルガード9の詳細はこちらでご確認ください>

公費での接種について(ガーダシルのみ対象です)

小学校6年生~高校1年生の女子は公費での接種が可能です。
また、国が積極的勧奨を控えていた、平成9年度生まれ~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の方、更には平成18年度、19年度生まれの方も4月1日から公費での無料接種が可能となっています。
◯公費接種の対象となる方
・小学校6年生~高校1年生の女子
今年度から、次の要件を満たす方が、あらためて公費での無料接種対象となります。
・平成9年度生まれ~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性
・平成18年度、19年度生まれの方
・過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない方
◯公費で接種を受けるには
該当者にはお住いの市町村からお知らせが届きますので、そちらをご覧ください。

◆今年度から無料接種が可能となる方の要件など詳細情報は厚生労働省のホームページをご覧ください。

当クリニックで取り扱うHPVワクチン

ワクチン名ワクチンの
種類
接種
回数
一般的な接種の間隔接種がすすめられる方1回あたりの費用
(税込)
ガーダシル水性懸濁
筋注シリンジ
不活化3回1-2回目の間:2ヶ月
1-3回目の間:6ヶ月
思春期~若年成人の女性、接種希望のある9歳以降の男性16,000円
(公費接種対象の方は無料です)
シルガード9水生懸濁シリンジ不活化3回1-2回目の間:2ヶ月
1-3回目の間:6ヶ月
9歳以上の女性30,000円
(全額自費となります。)

こちらからコロナウイルスワクチンの予約はできません
電話予約
050-5490-7850
自動音声電話:24時間受付中
Web予約はこちら
Web受付:24時間受付中
お問い合わせ
0258-86-8722
平日:8:15~18:30