エールホームクリニック

ドクターズコラム

飛躍のうさぎ

2022年12月19日

4月に長岡に来て、早いものでもう年が変わろうとしています。

大学病院勤務の頃は、市中病院では治療できない悪性度の高い腫瘍や珍しい症例の治療に従事することが多く、論文や講演のための症例集めなどをしつつ、青森県は皮膚科医が少ないため週に数回外来のため県内各地へ行っていました。
また立場的に後輩の指導や、医学生や看護学生、研修医への講義なども担当していました。

そんな自分がエールホームクリニックの皮膚科に入れていただいて思ったのが、この年齢で皮膚科の中で一番の若手だということでした。
後輩が全くいない中で仕事をするのは何年ぶりだろうと思いつつ、むしろこのレアな状況は自分にとってはとてもラッキーだと思っています。
まだ一緒に働いて1年未満ですが、苅谷先生、梅森先生、藤本先生、3人全員が私にとって尊敬できる先生で、それぞれの得意分野や守備範囲が全く同じという訳ではないので、その時の状況に応じて、若手(若手の解釈は人それぞれ)としての立場を利用してたくさん相談させていただいています。
もちろん、私がやりたいことがあり、意見することもありますが、対等に意見を聞いていただけるので、後輩ってなんてお得なんだろうと思っていますが、甘えてばかりにならないように気をつけようと思います。

来年からは米百俵プレイスでの新規開業も控えているため、皮膚科では少しでも多くの患者さんのお悩みに応えるため、診療の幅を広げるためのレーザーなどの機械を試しながら導入を検討しています。
必要なもの不要なものを試しながら考えるという一つ一つの準備が今はとても楽しいです。

2023年は卯年で私は年男なので、ウサギのようにさらに飛躍できる年になるようより一層頑張りますので、皆様よろしくお願いいたします。

こちらからコロナウイルスワクチンの予約はできません
電話予約
050-5490-7850
自動音声電話:24時間受付中
Web予約はこちら
Web受付:24時間受付中
お問い合わせ
0258-86-8722
平日:8:15~18:30
土曜:8:15~16:30