医療法人メディカルビットバレー

MESSAGE
トップメッセージ

2021春「出会い」

2021年4月14日

いつも、ありがとうございます。
おかげさまで創立1周年をむかえました。

MBVでは、この4月から医師4名、看護師3名、スタッフ3名が新たに仲間に加わり総勢30名となりました。
すごいエネルギーを感じながらも、ちょっと現場の隅々まで目が行き届かなくなりはじめました。予想はしていましたが、うれしさみしな気分です。春なのにです。

春は出会いの季節です。
現在MBVには10名の医師がいますが、よく「どうやって集めたの?」と聞かれます。
正直に言えば、みんな友だち、または友だちの紹介です。だから、一瞬で集まりました。
僕は個人的にSNSをしないので、今どきの友だちは少ないんです。
そして、根っからの一人っ子で友だちも多くありませんが、昔から少ない友だちを大切にしてきました。

僕の友だちは普通に10年以上、連絡を取ってない人が多いです。
10代、20代、30代とその時代ごとに一緒に過ごした友だちは最高の思い出であり最高の宝物です。
そういった意味で、友だちを大切にすることは思い出を大切にすることに他なりません。
そんな思い出や宝物が時を経て熟成し、時を超えてつながり、新しい価値をもつ、新しい価値をつくるカタチとなってあらわれたりすることはサイコーです。それがMBVなのだと思います。

ちょっと前にお友だち内閣と言う言葉がありましたが、政治はさておき、新しいことを誰かと始める時に、そのパートナーは友だちしかないと思っています。
初対面の方と出会って信用を得るには、それなりに時間がかかります。
新しいことはスピードが命です。ですから、はじまりは友だちなのです。
友だちと始めることで節約できた時間を、新しい出会いに対しての信用を得る時間にあてることが重要だと思っています。出会いはとても大切で、人生の全てといっても過言でないかもしれません。
そして、友だちが友だちを、出会いが出会いを連れてきてくれます。
出会いの時。一番、緊張する時間です。
大人の出会いは嬉しく、そして緊張します。
いろいろな出会いがあるけれど、ウレシイキモチは共通のようです。

新しい出会いを求めてMBVでは大プロジェクトを企画中です。
まだ見ぬ新たな出会いにワクワクがとまらない春なのです。

引き続き、みなさまからの熱いエールをよろしくお願いいたします。

note公式ページでも公開しています。

澁谷 裕之(しぶや ひろゆき)

医療法人メディカルビットバレー 理事長

新潟県長岡市生まれ。弘前大学医学部卒業。
米沢市立病院、秋田厚生医療センターなどを経て長岡赤十字病院で総合診療医として研鑽を積み、総合診療科副部長を歴任。2020年4月に医療法人メディカルビットバレーを設立。
家庭医療専門医、プライマリケア認定医。
好きな言葉は「即断即決即実行」、「適材適所」。